青汁は体のむくみも解消してくれる栄養価の高いドリンク

運動する女性

栄養補給とダイエット

家族

健康に必要な栄養分

青汁とは、ケールや大麦若葉などの栄養豊富な葉菜類を原料として作られた、健康補助飲料です。葉菜類の青々しい色合いがそのまま反映されているため、青汁という名称で呼ばれているのです。ケールや大麦若葉には、具体的には食物繊維やビタミンBやビタミンC、鉄分やカルシウムなどが含まれています。これらはいずれも、健康的な体を維持するために必要な栄養分とされています。たとえば食物繊維には、体内の老廃物や有害物質を排出させる力があります。ビタミン類には、肌の調子を整えたり、免疫力を高めたりする力があるのです。そして鉄分は良質な血液のために、カルシウムは丈夫な歯や骨のために、それぞれ必要とされている栄養分です。これらの栄養分を、青汁を1日に2杯ほど飲めば、それだけでしっかりと摂取できるのです。

食べすぎによる肥満を防止

こういった栄養分は、食事からでも摂取が可能となっています。しかし十分な量を摂取するために多く食べると、カロリーオーバーとなってしまう可能性があります。その結果体が太りますし、太ることで健康面でのトラブルが起こりやすくなります。ところが青汁で摂取すれば、カロリーオーバーとなる心配はありません。青汁は、非常に低カロリーな飲み物で、具体的には1杯飲んだ場合の摂取カロリーは、わずか20kcal程度となっています。成人の場合、1食で800kcal以上摂取するとカロリーオーバーになりやすいのですが、青汁の場合は1食で40杯以上飲まなければ、そうなることはないわけです。それほど大量に飲むことは不可能なので、カロリーオーバーの心配がないわけです。しっかりと栄養補給をしながら、カロリー制限ダイエットもできるため、青汁を健康に役立てている人は多くいます。